WordPressで更新をしたら501エラーが出た時の対処方法、pingの更新時にも。

シェアする

WordPressの管理画面から設定を変更しようとしたら501エーラが出て更新出来なかったという事がよくあります。

サーバー環境や根本的な原因によりもよりますが、サーバーのWAF設定をOFFにすることで対処できる事が多いです。

WAFって何?

WAF(ワフ)はWeb Application Firewallの略です。
なんだか美味しそうな名前ですね。そりゃワッフルか。
最近ではWordPressを始めとするCMSのセキュリティ対策としてサーバー会社が導入しているこのWAF。
WEBサイトへのアクセスの前段階としてアクセスを解析・検査し、サイトへの攻撃を保護し、不正ログイン等も防いでくれる頼もしいシステムです。

他にもオンラインバンクやネットショッピング等、動的に動くWEBシステムのセキュリティに適したシステムです。

最近の多くのサーバーではWAFシステムを導入し、サーバー管理画面から設定できるようになっています。

WordPressで501エラーが出た時の対処

様々な原因が考えられますが、最近501エラーが出たという時の原因は、大抵がWAFの設定によるものであることが多いので、もし501エラーが出た時は、ここを疑ってみてください。

Xサーバーで言えば、サーバー管理画面から「セキュリティ」欄のWAF設定をクリックし、設定画面に入ります。

XサーバーでのWAF設定

上の画像のような画面になります。

501エラーが出た場合、上の項目から(画像赤枠の部分)「XSS対策」「コマンド対策」「PHP対策」をOFFにしてみてください
OFFにしてもサーバーに設定されるまで30分から1時間くらいかかることがありますので、少し時間を置いてからWordPressの更新をしてみてください。
無事に更新が済んだら、セキュリティの為にWAFのの設定を再びONに戻しておきましょう。

WAF設定にはいくつかの項目があります。

XSS対策

javascriptなどのスクリプトタグが埋め込まれたアクセスについて検知します。

SQL対策

SQL構文に該当する文字列が挿入されたアクセスについて検知します。

ファイル対策

サーバーに関連する設定ファイルが含まれたアクセスを検知します。

メール対策

メールヘッダーに関係する文字列を含んだアクセスを検知します。

コマンド対策

コマンドに関連する文字列が含まれたアクセスを検知します。

PHP対策

ファイル操作に関連する関数のほか脆弱性元になる可能性の高い関数の含まれたアクセスを検知します。

The following two tabs change content below.

sawaking

川崎フロンターレ(サッカー)と犬をこよなく愛するクリエイターです。 フリーランス(アートディレクションやコンサルタント)を15年続け、現在は恵比寿にある企業のメディア部門にてディレクターをしています。 企業に務めながらフリーランス時代の遺産を副収入にぬくぬくと生きています。 このブログは、基本的にフリーランスの仕事やアフィリエイトの運営・WordPressのカスタマイズ等について書いていこうと思います。
スポンサーリンク




シェアする

スポンサーリンク