たまには自宅以外を仕事場に!フリーランスが利用できる自宅以外の仕事場候補

シェアする

フリーランスの仕事は自宅でもできることが魅力の一つですが、それでは仕事をしている気分にならず、うっかり仕事を放り出して遊んでしまうかもしれません。
なによりも自由に家で仕事をしているとメリハリがないばかりでなく、気分で気に塞ぎ込んでしまうことも。
そういった事態に備えて、自宅以外でフリーランスが利用できる仕事場候補を覚えておき、たまの気分転換に、そしていざというときに避難して仕事に集中できるように備えておきましょう。

スポンサーリンク




たまには自宅以外を仕事場に!フリーランスが利用できる自宅以外の仕事場候補

自宅近くのカフェやレストラン

最初に候補として挙げられるのが、自宅近くにあるカフェやレストランです。
公共の場ということもあって、ある程度の騒音は避けられませんが、反対に静かすぎる空間が苦手という方にとっては最適な仕事場になり得ます。

最近では、パソコンを使えるように電源が備えられていたり、Wi-Fiに接続できたりするカフェやレストランも増えてきました
ビジネスに利用する人物が多く集まるお店であれば、比較的静かに過ごせることにも期待できます。
チャージなどの料金がかかることも珍しく、コーヒー1杯でも長く作業を続けられることもメリットと言えるでしょう。

コワーキングスーペース

ここ数年で一気に話題を集めているのがコワーキングスーペースです。
日本語に直訳すると「共同の職場」を意味するコワーキングスーペースには、自宅以外の仕事場を求める人々が集まっています
コワーキングスーペースを利用しているほぼ全員の目的が仕事になりますから、マナーレベルが高く、静かに仕事に集中できる環境が整っています。

コワーキングスーペースは都心を中心とした様々な場所に設置されており、利用料金の相場も安く、1時間数百円という単位の料金で利用できることもあります。
トイレやドリンク置き場なども揃い、空調も整っていますから、快適に過ごすことができるでしょう。

また、コワーキングスーペースを利用している人同士でコミュニケーションを取ることもでき、人脈作りの場として活用することも不可能ではありません
セミナーや勉強会を開催しているコワーキングスーペースもありますから、向上心が強い方にとって特に価値を持つ仕事場と言って差し支えありません。
個性的なコワーキングスーペースも多く、中には託児施設が付帯したコワーキングスーペースもあるので、小さなお子さんをお持ちの方も利用しやすくなっています。

インターネットカフェ

長時間の利用を前提としていない場合には、インターネットカフェも有力な仕事場候補の一つになります。
インターネット回線やパソコンが確実に備えられていますから、ノートパソコンを持ち運ばなくても、インターネットネットカフェに駆け込むだけで仕事を始めることが可能です。
料金も明朗会計ですし、フリードリンクや食事のサービスも提供されていますから、短時間の利用のみならず長時間滞在にも向いています

また、インターネットカフェの特徴の一つとして、ナイトパックなど深夜から早朝にかけた時間帯でお得に利用できるというサービスがあります。
終電を逃してしまった状況など、不測の事態に駆け込むこともできる場所ですから、夜間に緊急で仕事をこなさなければならなくなった場合の逃げ場としても機能します。

オフィスを借りる

フリーランスとして仕事が軌道に乗り、安定した収入を得られるようになったら、思い切って賃貸物件の契約を交わし、オフィスを借りてしまうという手もあります
家賃を払って契約している以上、自宅とは違って怠けることなく働く気分になれますし、仕事場や事務所を持っているという事実が有利に働くこともあるのです。
例えば貸し付けを受ける際や、クレジットカードの申し込みを行う際などには、自営業としてオフィスを持っているという実績は好印象に繋がります。

共同で仕事をしている人物がいるという場合には、オフィスを共有することによって、より綿密な作業を進めることもできるでしょう。
インターネットカフェやコワーキングスーペースなどが近くに無いという方や、24時間いつでも確実に利用できる仕事場が欲しいという方には最適な解決方法です。

職場として利用するだけであれば、ワンルームなど面積の小さいマンションを用意すれば用が足りますから、極端に大きな出費を覚悟することもありません
都心だとしても、駅から少し離れた小規模なマンションの一室であれば、3~4万円程度の家賃に抑えられることが普通です。
郵送物など、自宅に届くことを避けたい物があるという場合にも、オフィスを借りておけば問題を起こさずに受け取ることができます。

まとめ

一時的な利用であればカフェやレストラン、あるいはインターネットカフェ、より集中できる環境を求める場合にはコワーキングスーペースを選ぶことがベターと言えます。
しかし、24時間いつでも好きなときに確実に利用できる仕事場が欲しいという方は、自宅近くで賃貸物件を探し、オフィスを構えるという方法もおすすめできます。

たまの気分転換として仕事場をその日によって変えることが出来るのもフリーランスならではなので、是非試してみてはいかがでしょう。
静かな自宅よりも ちょっと人の声や音楽が聞こえるカフェとかの方が集中力が増すこともあります。

The following two tabs change content below.

sawaking

川崎フロンターレ(サッカー)と犬をこよなく愛するクリエイターです。 フリーランス(アートディレクションやコンサルタント)を15年続け、現在は恵比寿にある企業のメディア部門にてディレクターをしています。 企業に務めながらフリーランス時代の遺産を副収入にぬくぬくと生きています。 このブログは、基本的にフリーランスの仕事やアフィリエイトの運営・WordPressのカスタマイズ等について書いていこうと思います。
スポンサーリンク