ランサーズのコンペで採用率を上げる攻略法

シェアする

ランサーズには、すぐに仕事に参加することができるタスク形式の仕事に加えて、応募の中から当選者が決まるコンペ形式の仕事も用意されています。
多くの応募者の中から決まる当選者は若干名で競争が激しく、コンペによっては1名のみということも多いですが、本記事では採用率を上げるための攻略法を紹介していきます。

スポンサーリンク




ランサーズのコンペで採用率を上げる攻略法

採用率を上げるためには実績が重要

提案に対して応募すると、クライアントはランサーのプロフィールを確認することができ、それを参考にしながら当選者を決定していくことになります。
そのため、同時に応募したライバルよりも実績で劣ってしまっている場合、残念ながら当選することは難しいと言わざるを得ません。
プロフィールにはこれまでランサーズで依頼を受けた実績、そこで獲得した評価、仕事の完了率、認定ランサーか否かが表示されるので、このステータスアップを目指しましょう。

ランサーズ上での実績には、クライアントからの直接依頼の数だけが加算されていきますから、タスク形式の仕事をいくら完了させたとしても実績になりません。
まずは落選することを前提にしてでもコンペ形式の仕事に応募して、実績を作るための地道な努力を重ねていきましょう。

またデザイン系のクリエイターはポートフォリオに過去の作品などを掲載しておくことで、実績が少なくてもクライアントがデザインのテイスト等を気に入って発注してくれることもあります。

実績作りには条件の悪い仕事でも着手する

急がば回れという言葉もありますが、良い仕事を確保するためには実績が重要なので、実績作りのためには競争率が低い仕事を見つけることがポイントです。
コンペ形式の仕事の中には、応募締め切りまでに一件の応募も入らない案件もありますから、こういった案件に応募すると実績が皆無でも採用される可能性があります
仕事内容と応募している人数を確認して、人気が薄い案件だけに絞り込み、実績作りのための第一歩を歩み出しましょう

こういった仕事の場合、残念なことに条件面はあまり良くないことが多く、報酬に関してはあまり期待することができません。
クライアントとしてもその事実は理解しているので、「実績作りに最適」「初心者の方に向いた仕事」といった言葉を使ってランサーを募集しています。
例えばライティングの仕事の場合、1文字0.1円程度でランサーが募集されていることもありますが、実績作りのためと割り切って参加すると良いでしょう。

メッセージは必ず丁寧に添える

コンペ形式の仕事に応募する際には、クライアントに向けたメッセージを添えることが可能ですから、必ず丁寧にメッセージを添えて応募するようにしましょう。
社会人のマナーとしては第一に挨拶が必要ですから、「はじめまして」「こんにちは」といった挨拶の後に、簡単な自己紹介を続けていきます。

ここでは、ランサーズで設定しているユーザーIDの他に、本名やペンネームを記載しておくとより丁寧で真剣な気持ちが伝わりやすくなるため、おすすめです。

自己紹介が終わったら、自分が何故この仕事に応募しようと思ったのか、面接で言うところの志望動機を説明します。
「経験を生かせると思った」「興味深い仕事だった」など理由は何でも構いませんが、「報酬が高かったので」といった理由を述べることは避けてください。
過去に行った仕事を紹介し、その際の経験を今回の仕事でも生かせると感じた、といった内容であれば、クライアントから好意的に見てもらいやすくなります。

また、メッセージの内容はなるべく短く済ませることを意識し、単刀直入に挨拶と志望動機を述べるようにしてください。

人気の案件の場合、応募人数は簡単に二桁に達しますから、長々とメッセージを書いても、クライアントに完読してもらえない可能性が出てしまいます。

ランサーズ等のクラウドワークスでは、メールでのやりとりが基本になります。
挨拶もない、自己紹介も無い、丁寧語も使えない文章では印象を悪くするだけですので、メッセージを送る際は相手からの心象を悪くしないように心がけましょう。

問い合わせのメールが届いたら一気に押す

クライアントが複数のランサーの中から、誰を当選させようか悩んでいる場合、個別にメッセージを送信して質問を行うことがあります。
こういったメッセージが届いた場合、クライアントに強い興味を持たれていることは確実ですから、なるべく早く返信し、一気に押して契約を勝ち取りましょう

まずはクライアントからの質問に対して明確な返事を行い、クライアントが不安に思っている点や、疑問に感じていることをクリアにします。

その上で自分自身の強みを伝えることが契約に結び付けるコツになりますが、ここでは特に誠実性をアピールすることが一番のおすすめです。
至極当然のことですが、クライアントが設定している納期を確実に守れることを強調したり、報酬面の希望に相違が無いことを伝えたりすることによって、クライアントは安心して仕事を任せてくれます。

まとめ

コンペではランサーズでの実績を見比べられることになりますから、実績を増やすことを目的に、条件の悪い仕事に対しても積極的に取り組んでおきましょう。
応募する際にはメッセージを添えられますから、挨拶と自己紹介に加えて自己PRも欠かさずに行い、問い合わせのメールが届いたら、誠実かつ速やかに最後の一押しをしてください。

The following two tabs change content below.

sawaking

川崎フロンターレ(サッカー)と犬をこよなく愛するクリエイターです。 フリーランス(アートディレクションやコンサルタント)を15年続け、現在は恵比寿にある企業のメディア部門にてディレクターをしています。 企業に務めながらフリーランス時代の遺産を副収入にぬくぬくと生きています。 このブログは、基本的にフリーランスの仕事やアフィリエイトの運営・WordPressのカスタマイズ等について書いていこうと思います。
スポンサーリンク