フリーランスもクレジットカードを作れる?フリーランスがクレジットカードを持つためには

シェアする

最近ではキャッシュレス化が進み、スマホで決済したり、デビットカードも普及していますし、何よりも手軽に支払いが出来てポイントがつくのがクレジットカードの良いところです。

キャッシュレス化が急速に進む現代社会では、日本国内においてもクレジットカードの重要性が増しており、決済方法がクレジットカードのみに設定されることもあります。
社会的信頼を象徴するアイテムでもあるクレジットカードをフリーランスが手に入れるためには、どのような手続きが必要なのかまとめていきましょう。

スポンサーリンク




フリーランスもクレジットカードを作れる?フリーランスがクレジットカードを持つためには

クレジットカードはフリーランスでも作れる

会社に勤めていて、身分が保証されている人物にしかクレジットカードが発行されないというのは全くの誤解で、フリーランスでもクレジットカードを作ることができます
ただし、フリーランスは会社員と比較して安定性に欠ける職業であると判断されることが多いため、審査で不利になってしまう可能性は否めません。
フリーランスという立場に寛容なカード会社と、そうでないカード会社がありますから、属性との相性を見極めて申請することが重要になります。

日本国内の企業もフリーランスに向けてクレジットカードを発行していますが、特にフリーランスへの理解が深いと言われているのがアメリカン・エキスプレスです。
特に今まで一枚もクレジットカードを作った経験が無いという場合には、独自の審査基準を設けているアメックスを利用してみると良いでしょう。
楽天カードやマスターカード系も作りやすいところです。
アメックスでクレジットカードを作り、支払いの実績を重ねていくことによって社会的信頼が増しますから、他社のクレジットカードも発行しやすくなります。
フリーランスから法人化すればより作りやすくもなりますが、最近では個人事業主でのOKなカード会社は増えています。
非法人でも個人名で商売をするよりは屋号を持ち(○○デザインスタジオ等)個人事業主としての方が良いかもしれませんね。

申請する際に注意すべきポイント

フリーランスの場合、大半の方が自宅を利用して働いていますから、その場合にはクレジットカードを申請する際、勤務先として記入する欄には自宅の住所を書き込みましょう。
事務所などのオフィスを構えている場合にはそちらの住所を勤務先に記載し、自宅はあくまでも現住所を入力するときにだけ書き込みます。

会社勤めの方の場合、本当にその会社に勤めているかどうかを電話による在籍確認で行われることがあります。
しかしフリーランスは所属する会社がありませんから、その代わりに「本当に収入があるのかどうか」を公的な書類で確認したいと求められる可能性があることも知っておきましょう。
そうなった場合、嘘の年収を書き込んでいると審査で厳しい状況に追い込まれてしまいますから、収入欄は必ず偽ることなく記載するよう心掛けてください。

以前会社に勤めていて、そのときに作成したクレジットカードを持っている方の場合、会社を辞めてフリーランスになる場合には必ずカード会社への連絡が必要です。
会社を辞めたことを知らせずにクレジットカードを持ち続けてしまった場合、最悪の場合には規約違反で強制退会になる場合もありますから注意しましょう。

法人用カードを持つメリット

各クレジットカード会社は、会社員などに向けて発行する個人カードのほかに、フリーランスや個人事業主を対象とした法人用カードを用意していることがあります
法人用カードのメリットは年会費を経費として計上できることであり、高額な年会費が必要なステータスカードを所持する際には会社員と比較してお得です。
また、限度額も個人向けカードよりも高額に設定されることが多いので、事業費の支払いに適していることもポイントと言えるでしょう。

法人向けカードを持てるということは、実績が優れていることの証明でもありますから、持っているだけでフリーランス仲間からの信頼も上がりやすくなります。
一方で法人向けカードには分割払いやリボルビング払いといったサービスが用意されておらず、一回払いが基本となることは注意点として覚えておかなければなりません。

最後の手段はデビットカードの取得

クレジットカードを持つことができない、あるいはクレジットカードを持つ勇気がまだ無いという方には、デビットカードの作成をおすすめします。
デビットカードは決済の際に登録した銀行口座から即時引き落としされるサービスなので、大きな買い物の際にも多額の現金を持ち歩かずに済むというメリットがあります。
しかも原則として審査がありませんから、申し込みを行えば誰でも所持できるという柔軟性の高さもデビットカードならではの魅力と考えられます。

デビットカードは、クレジットカードと同様のカード番号が発行されるため、クレジットカード決済を求められた際の代替品として使用することも可能です。
カード決済のみというシーンで困ってしまったとしても、デビットカードを一枚持っておけば安心です。
デビットカードを利用していても信頼が増すことは残念ながらありませんが、緊急時から脱出する手段として覚えておくと良いでしょう。
The following two tabs change content below.

sawaking

川崎フロンターレ(サッカー)と犬をこよなく愛するクリエイターです。 フリーランス(アートディレクションやコンサルタント)を15年続け、現在は恵比寿にある企業のメディア部門にてディレクターをしています。 企業に務めながらフリーランス時代の遺産を副収入にぬくぬくと生きています。 このブログは、基本的にフリーランスの仕事やアフィリエイトの運営・WordPressのカスタマイズ等について書いていこうと思います。
スポンサーリンク




シェアする

スポンサーリンク