フリーランスと会社設立はどちらが得か?節税面も含めたその結果とは

シェアする

個人事業主であるフリーランスは、会社を設立している訳ではありませんから、立場上は「社長」という訳ではありません。
フリーランスとして暮らしていると「なぜ会社を作らないのか」という質問を頻繁に受けることにもなりますが、ではフリーランスと法人とではどちらか得なのでしょうか。

スポンサーリンク




フリーランスと会社設立はどちらが得か?節税面も含めたその結果とは

フリーランスと法人の違い


そもそもフリーランスと法人の何が違うのかと言えば、簡単に言えば雇用される立場か、雇用する立場かという差になります。
フリーランスはあくまでも仕事を受けて対価を得るという働き方ですが、法人の場合は自分自身で仕事を作り、協力して仕事を完成させるというのが基本的な働き方です
そのためフリーランスは個人単位で仕事をすることが普通ですが、法人の場合には雇用を創出して部下を持つことが多くなります。

フリーランスは特に資格がなくても、自分自身で通用させられると判断した分野で、気軽に仕事を始められることがメリットです。
しかし「仕事を請ける立場」から脱却しにくいということはデメリットになり、受け身になるので、月や年度によって仕事の本数に偏りが出る場合があります。
一方の法人は社会的信頼も高く、高収入へと繋げることもできますが、初期投資にかける金額も大きく、多額の借金を負うリスクが付きまといます。

結論としては、スタート直後はフリーランスが有利


第一に、どんな風に会社を経営すれば良いのかわからない、起業して安定した収入を確保する自信がないという方には、フリーランスが絶対的に有利です。

会社を経営する際には行政的な手続きが必要になり、事務所等を開設するとなれば沢山の手間をかけなければなりません。
当然のように初期費用もかかりますし、スタッフを雇う場合には、部下として働く人物の生活や人生を守るというプレッシャーも経営者にかかります。
例え融資を受けられたとしても、それが借金として圧し掛かるというのが現実ですから、少しでも軌道から外れてしまうと破産への道を歩むことにもなってしまうのです。

その一方でフリーランスであれば、あくまでも自分軸のままで仕事に打ち込むことができ、他人の人生を狂わせたり、借金を折ったりするリスクがありません。
極端に派手な生活を送れる可能性は法人化よりも減りますが、人並みか、それよりも少し上のレベルの生活を無担保で手に入れられる可能性は常にあります。
スケジュールの組み方から働き方に至るまでのすべてを自分自身で決断できるので、なるべく自由に過ごしたいという方にも向いた働き方と言えるでしょう。

法人化を進める際には、多くの手続きを進めなければなりませんが、ここでは税理士や行政書士などの力を借りることが一般的な流れです。
当然のように数十万円、数百万円単為の予算が必要になりますし、事業規模によっては数千万円以上の自己資金を揃えなければ仕事を回せないこともあるでしょう。
まずはフリーランスという立場で働き、収入を安定化させつつ、将来の法人化を検討していくというスタンスで臨むことが安全策であることは間違いありません。

節税面では法人化した方が得になることもある

ゼロから仕事を始める上でフリーランスが有利になることはお伝えした通りですが、一方で既に多額の収入を確保できているという場合には法人化が特になる場合があります
収入から経費を差し引いた金額に対して税金がかかりますが、フリーランスでは経費として計上できる金額に限界があるのです。
例えば役員報酬を含む給与や事務所等の維持費は経費になりますが、自宅でフリーランスとして仕事を請けている場合、こういった経費はそもそも発生しないのです。

そしてフリーランスに対してかかるのは所得税で、最大の税率は45%にも達しますが、法人税の税率は最大で23.4%程度にまで抑えられています。
つまり、フリーランスとしての収入が一定の金額を超え、税率で逆転されてしまったというときには、思い切って法人化に舵を取ったほうが、得をしやすいということになります。
収入が増え、税額が上がってきたら、税理士などの専門家に相談を行い、法人化を進めたほうが絵策なのかどうかを確認してみることがおすすめです。

ピッタリな税理士が見つかる税理士ドットコム

まとめ

まだ仕事を初めて間もないという方や、収入が少ないという方、あるいは初期投資ができないという方にはフリーランスが圧倒的におすすめです。
フリーランスで働けば借金を負うリスクはありませんし、自分の生活のことだけを考えながら、リスクを負わずに仕事に没頭することができます

一方でフリーランスの仕事が好調で、多額の税金を支払わなければならないという状況にまで達したときには、税理士などに相談を行った上で法人化を検討すると良いでしょう。
法人税は所得税よりも安く、立場を変えるだけで数百万円の節税を行うこともできますから、まずはフリーランスとして働き、ステップアップで法人化を目指すのが得策です。

The following two tabs change content below.

sawaking

川崎フロンターレ(サッカー)と犬をこよなく愛するクリエイターです。 フリーランス(アートディレクションやコンサルタント)を15年続け、現在は恵比寿にある企業のメディア部門にてディレクターをしています。 企業に務めながらフリーランス時代の遺産を副収入にぬくぬくと生きています。 このブログは、基本的にフリーランスの仕事やアフィリエイトの運営・WordPressのカスタマイズ等について書いていこうと思います。
スポンサーリンク




シェアする

スポンサーリンク