最近増えている女性としてのフリーランスの生き方・選び方

シェアする

フリーランスの仕事をしている人の中には女性も多いです。というか女性が多いと言っても過言ではないかもしれません。
女性の生き方の多様性や社会進出が拡大されつつあるいま、フリーランスは多くの女性から注目を集めるようになっています。

女性がフリーランスとして働くメリットや、どういったスキルを仕事に生かすことができるのかなど、基礎的な情報を掘り下げて解説していきます。

スポンサーリンク




最近増えている女性としてのフリーランスの生き方・選び方

体力的な負担を最小限に止められる

多くの女性は男性と比較して体力面でビハインドを背負っていることは否めず、特に力仕事を男性と同じようなスピードと強度でこなすことは困難です。
頭脳労働だとしても、生理によって体調が悪化することもあり、集中力を維持することが難しくなってしまう時期があることも女性特有の悩みと言えます。
体調不良によって電車移動などが難しい日だとしても、在宅で働けるフリーランスなら、会社勤めと比べれば体力的な負担を最小限に止められることは間違いありません。

また、電車内での痴漢やセクハラなどの被害も、パソコンの画面を通して働くフリーランスであれば確実に回避することが可能です。
パワハラなどの被害も受けやすい女性ですが、フリーランスならそもそもの束縛が無く、自分のペースを守って働くことができます。

こうした事を考えなくてはならないのは寂しいことですが、クラウドワークスなどでは、そもそも性別すら関係なく受注できる時代ですから、何かしらのスキルを持った人であれば手軽にチャレンジできるのがフリーランスです。

妊娠中や出産後にも働きやすい

子育てに理解を示す企業も増加傾向にありますが、まだまだ万全とは言えず、妊娠を機に仕事を辞めざるを得ないという女性も少なくありません。
例え仕事を続けられたとしても、保育園では待機児童の問題が待ち受けていますし、家事と仕事を両立させることが難しいという女性ばかりです。
その点、フリーランスなら自宅から離れずに済みますから、子育て中でも合間を見繕いながら働く時間を確保でき、主婦業が疎かにせずに済みます

また、妊娠中には過度な運動が禁物ですし、特に炎天下の中で外を出歩くというのはリスクある行動ですが、これもフリーランスなら回避することができます。
妊娠中や出産後に子供と沢山の思い出を作りたいと考えている女性も、接触できる時間が多いフリーランスを選べば、後悔を残さずに過ごせる可能性が高まるでしょう。

知識や資格がなければライターがおすすめ

特別な資格や知識を持っていないという場合には、素人でもすぐに仕事を見つけられるライターとしてフリーランスになることがおすすめです。
いきなり著書を出版することはさすがに困難ですが、口コミや短評を書く仕事であれば、未経験でもすぐに参加して報酬をゲットできます。

ライティングの仕事は女性でも、男性でも参加できるものですが、中には女性だけを対象にした仕事もあり、数をこなせば時給数千円単位の仕事にもなります。
例としては化粧品の効果を尋ねるアンケートのような仕事もあり、女性ならではの知識と経験を生かしながら働くことも可能です。
実際に商品を使用しているのかを確かめるために、画像の添付を求められることもありますから、購入した商品の写真を撮影する癖を付けておくと良いでしょう。

英語の知識があれば、英語を日本語に翻訳するライティングの依頼も受けやすくなりますし、日本語だけの仕事と比べれば報酬も高くなります。
こういった仕事はランサーズやクラウドワークスに登録するとすぐに見つけられ、仕事を始めた当日から作業を進めることが可能です。

フリーランスで生かせる経験や資格

フリーランスで目立つ仕事の一つとしてプログラマーやエンジニアがありますから、こういった職業に就いた経験のある女性はさらに仕事を見つけやすくなります。
職歴が無かったとしても、検定や資格を取得していたり、専門の学校や学部を卒業していたりしているだけでも、仕事を見つけやすくなる可能性は上がります。
また、デザイン関係のお仕事も女性への依頼率が高く、経験豊富な女性は重宝されており、フリーランスでも高額な報酬を稼ぐチャンスがあるでしょう。

フリーランスはクライアントと直接的な取引を行うお仕事ですから、一定のコミュニケーション能力も求められることになります。
こういった点に注目してみても、男性と比較して気配りが上手できめ細やかな対応ができる女性にとって、フリーランスが適性のある働き方であることがわかります。
フリーランスとして自分ができることを見つければ、会社員として働くよりも楽しく、それでいて今まで以上の収入をゲットするチャンスも広がるかもしれません。

まとめ

フリーランスになれば、体力的な消耗を抑えながら働けるため、女性特有の悩みに左右されず仕事がしやすくなります。
また、在宅のまま仕事をするのがフリーランスの基本ですから、妊娠中や子育て中にも家庭を大切にしながら仕事を見つけ、快適に働くことができるでしょう。
これまでの経験や資格を生かしてフリーランスとして働くこともできますし、何もないという場合にも、ライティングなどの仕事は未経験でも始めることができます。

The following two tabs change content below.

sawaking

川崎フロンターレ(サッカー)と犬をこよなく愛するクリエイターです。 フリーランス(アートディレクションやコンサルタント)を15年続け、現在は恵比寿にある企業のメディア部門にてディレクターをしています。 企業に務めながらフリーランス時代の遺産を副収入にぬくぬくと生きています。 このブログは、基本的にフリーランスの仕事やアフィリエイトの運営・WordPressのカスタマイズ等について書いていこうと思います。
スポンサーリンク